Report

活動レポート

字を書くことで整える

湯治女子のひとりである小島雅子さんは、

書家「采蘋(さいひん)」さんとしてもご活躍です。

 

企業のロゴ制作、ライブペイント、宿泊施設に飾られる書など

様々な作品を創り、個展も開いておられます。

 

彼女の運筆は、

時にしなやかで柔らかく、

時に激しく力強く、

書にも様々なかたちがあるのだと、彼女から知ることができました。

 

そんな彼女に、「湯治」って書いてみてほしいのですとお願いしたところ、

5つの「湯治」を動画で送ってくれました。

 

丁寧な湯治

湯が流れていくような湯治

時にぐっと力がこもる湯治

 

筆づかいも、きっと人のこころを表し、

そしてこの動画を見ているだけでなんだか安らぐ。

 

墨をすり、字を書くこと、

墨の香りを想像し、字を観ること。

 

運筆することで呼吸をととのえ、

リラクゼーションを高め、心が癒されるひとときを楽しみましょう。

あなたにとっての湯治は、どんな湯治でしょうか。

 

いつか采蘋さんをお招きして

「書湯治」をやりましょう。

 

 

采蘋 instagram

https://instagram.com/saihin.co?igshid=4g142k57fvvu

 

采蘋 BASE

https://shonosizuku.thebase.in/