Voice

湯治女子を応援してくださる方々の声

後藤康彰(日本健康開発財団・主席研究員 / フロフェッサー)

“illness” to “wellness”

科学的根拠も明らかになってきた「温泉の力」。現代によみがえらせる「湯治女子」、素敵です。皆さん 「ひとりひとり」の活動が積み重なって、きっと現代の「ウェルネス」につながるはずです。”i”が、”we”に置き換わるとき、”illness”は、”wellness”に姿を変えるでしょう。

When “I” is replaced by “We”, “Illness” becomes “Wellness”

須藤智徳(立命館アジア太平洋大学教授)

「湯治」は、温泉を通じて多くの人々がつながり、自分の心身だけでなく、コミュニティや地域の関係を整えていく役割を果たしてきたと考えています。この湯治の考え方は、国内、更には国際的なつながりまで広げていくことが可能です。湯治女子の活動が世界に広がり、「湯治」によって世界の人々がつながっていく活動となることを祈念しています。

道畑富美(Foodbiz-net.com 代表)

湯治文化の1つの要素に、「食治」があります。食は体だけでなく、その人の心をも作り上げていくものだと私は思います。湯治女子が推進する「みんなの炊事場(MINSUI)」は、この湯治の大事な要素を現代にうまくフィットさせてくれています。

Foodbiz.asiaサイト(http://foodbiz.asia/

大沼伸治(旅館大沼 5代目湯守)

湯治の危機感を感じるのは、別府だけでなく、ここ宮城・鳴子温泉郷でも同じです。私は、歴史ある旅館大沼を受け継ぐ者として、湯治文化を絶やしてはいけないといつも強く思っています。湯治女子と一緒に、湯治文化を世界に発信していきます。

旅館大沼(http://www.ohnuma.co.jp