湯治のこれまで

 

 湯治の歴史

「湯治」とは、

「湯」とは温泉・療養泉・薬湯を、「治」とは治療を指し、自然に宿る不思議な地の力・温泉で養生をしてきた、日本古来の療養法であり、伝統的な養生法でした。

その歴史は、温泉が記述された「古事記」「日本書紀」が編纂された8世紀の奈良時代にまで遡ることができます。

温泉の歴史は脈々と続き、豊臣秀吉・武田信玄・織田信長など戦いを終えた武士達、夏目漱石・与謝野晶子など日本の文豪達も湯治宿に逗留し、じっくりと傷の治療や心身の疲れを癒してきたのです。湯治がブームになったのは、江戸時代からと言われています。「湯治願」を出し温泉への旅へ出かけていった時代があり、明治大正昭和初期には、農民や炭鉱民たちが休耕期・閑散期に1週間から数カ月にわたって、骨休みのために温泉地へ滞在していた文化がありました。

 かつての湯治が育んだ関係性

そんなかつての湯治場では、共に湯に浸かり、共に自分たちの身体のための食事を作り、おかずを交換したりしていました。そして新しい関係性や愛着が生まれ、またそこへ戻ってきたいという気持ちをも生んだのではないでしょうか。

この文化は日本の貴重な伝統文化でありながら、西洋医学の発達と温泉の観光化により、かつてあった温泉で心身を癒す目的や地域とのコミュニケーションが薄まりつつあります。